【大会見聞記】「カパルの出航」工藤裕子(東洋文庫)

インドネシアの研究者がこんなにたくさんいるのか、というのが設立記念大会での印象である。大会議室での開会式から多くの参加者が結集し、午後の記念講演会になるとさらに人数が増え、空席を探すのが難しいほどであった。インドネシアからの留学生や研究者の姿も交え、研究発表の各会場も立ち見が出るほどの盛況ぶりで、インドネシア研究の層の厚さを感じる1日となった。

研究大会のプログラムも多彩であり、4会場でミニ・パネルを含む計12ものセッションが開かれた。興味のある報告が重なり、どこに行くか悩んだ参加者も多かったのではないだろうか。筆者自身は専門である歴史研究の発表が少なく、当初は残念に思っていたのだが、自然環境や災害、方法論、商品経済などの報告に参加した。それぞれテーマは異なるといえど、普段は縁遠い分野に触れることで、過去と現在の連続性や、「インドネシア」という共通の素材を新たな視点で捉え直す機会となった。関心の立て方や史料の活用方法などの面でも新鮮な驚きがあり、同時に歴史研究から貢献できることはまだまだたくさんあり、他の分野に向けて発信をすることの必要性を痛感した。

また、参加者がインドネシアに対する一定の理解を備えていることで、報告内容へのイメージをつかみやすく、より具体的な議論や、思わぬ情報が報告者にもたらされる場面もみられた。同じフィールドを共有しているという親近感や連帯感からであろうか、全体として和やかな研究会だったように思う。このことは、「Indonesian Tribeにはならない」という本会の趣旨とは紙一重の危険性もはらんでいるのだが。

ただ、われわれ研究者一人一人も一隻の「カパル」である。今回の設立記念大会は、自らの研究テーマを載せた船が、出航前の港で集う門出の場であり、各会場の熱気とインドネシア人留学生らによるナシ・クニンも相まって、色とりどりの紙テープが投げられた出航式の祝賀のようでもあった。ここから新たな航海に向かい、荒波にもまれて再び母港に戻り、その成果を交換し合う、カパルがそんな場になることを願っている。

工藤裕子 (東洋文庫)

【大会見聞記】「垣根を超えた同窓会の誕生」北村由美 (京都大学)

約150名の参加者とともに迎えたカパル設立記念大会が、無事に終わった。インドネシアに関係している、または興味を持っている方々が一堂に会する機会ということで、開会前から会場内は真冬の京都とは思えない熱気に満ちていた。

一日参加して最も印象に残ったのは、世代や国籍を超えた交流が、様々な場で起こっていた点だ。まず、世代間交流だが、設立大会記念講演「3世代が語る<わたしのインドネシアとインドネシア研究>」によって、参加者全員がそれぞれの世代の経験に思いをはせることができた。私自身も3世代の発表者の話を聞きながら、自分の経験を省みる時間になった。3人の発表者のご経験は、それぞれ豊かな内容であったが、なかでも強く心に響いたのは、押川先生の「プラムディヤの小説言語に私の日本語がどれだけ拮抗しうるかという緊張感」とう言葉であった。翻訳作業を通して、プラムディヤの文学に向き合う中で、自らを厳しく見つめなおしていかれた押川先生の姿勢に、思わず背筋が伸びた。

文学を通してプラムディヤを、そしてインドネシアを考えていくという押川先生のお話があったこともあり、今回の会では、これまでご著作を通してしか存じ上げなかった方々と直接お話をする機会を得られたことが、いっそう深い喜びとして感じられた。常々、「研究者は論文で勝負」、「書いたものはすでに著者の手をはなれている」、と言われながら生活している訳だが、たとえ短時間であっても、著者の皆さんの雰囲気や背の高さ、声のトーンや話し方などを知る機会に恵まれたことによって、ご著作の内容が改めて活き活きと思い出されたのは、とても幸せな経験であった。

国籍を超えた交流という点については、セッションに参加して下さった海外からの研究者や留学生、そして様々なインドネシア料理を準備して下さった在日インドネシア留学生協会(PPI)の活躍が印象的だった。そして今回は、設立記念大会であったこともあり、東京のインドネシア大使館からアバス・リドワン公使がご挨拶にきてくださった。

ただし、国籍を超えた交流をすすめていくためには、発表言語の多様化を検討していく必要があるだろう。朝から二次会まで参加して下さったインドネシア人の方から、英語のミニパネル以外は、発表にあらわれるわずかなインドネシア語を頼りに、発表内容を推測しつづける一日であったとうかがった。日本語話者以外の参加者にこのような苦行を強いることなく、つたない英語やインドネシア語であっても、私たちの研究成果を共有できる装置があればと感じながら、一日を終えた。

今後も、垣根を超えた同窓会のような雰囲気を保ちながら、カパルの航路が長く続くことを願っている。

北村由美 (京都大学)

【大会見聞記】「地域研究とディシプリン@カパル」貞好康志 (神戸大学)

カパル設立大会は大成功だったと思う。150人を超える参加者を集め人数的に盛況だったこともあるが、その内容が良かった。20代の学生から80代の長老格まで各年代が揃った。そして、専門の異なる研究者が集まった。人文・社会系の諸分野はむろん、農学や医学に関わる理系の専門家による発表もあり、両者相混じって大会を盛り上げたさまは、日本の東南アジア研究が積み上げてきた良き伝統を反映していた。全ての参加者を結びつけていたのはひとえに「インドネシアに関心を持つ」という一点だった。

つまり、カパルは第一義的には地域研究者の集まりだと言える。その点で、全体会場にも分科会場にもある種の安心感と緊張感の入り混じった空気が充満していた。インドネシア研究ならではの固有名詞や専門的知識を皆が相当程度共有しているというのは、報告者・討論に加わる参加者の双方にとって、心地よいことでもあり、厳しいことでもある。

だが、冒頭の趣旨説明での世話人代表・加藤さんの言葉通り、カパルの成員が視野の狭い「インドネシア部族」に陥ってはなるまい。これには、「インドネシアだけを見ていてはいけない」、「他の東南アジア諸国や日本を含む世界各地との連関を常に考え、他地域の研究者にもオープンでなければ」という意味合いもあるだろう。だが、それだけではない。

各々の拠って立つディシプリン(専門分野、方法論)ならではの立場からインドネシアの諸側面に切り込んでみせること。また逆に、インドネシアという地域、それも各自がつかまえた事例ならではの知見から、自分の専門分野に対して新たな問いを投げかけ、方法論をも磨くことができれば理想的だ。個々のディシプリンがしっかりしていればこそ、他地域や他分野の参加者との間に、有益な化学反応が起きることが期待できるだろう。

今回、私が参加した4つのパネルでは、ほとんどの報告者にその自覚がみられた。その点がやや不明な報告に対しては、「結局、インドネシアのユニークネスは何なのか」「あなたの専門分野に対してはどのような意義をもつのか」という質問がフロアから飛んだ。この調子ならカパルの前途は洋々だなと感じた。

なお、大会運営も全体としてみごとだった。短い期間のうちにカパルそのものの立ち上げと大会準備を進められた方々のご苦労が察せられる。当日の設営や受付、各会場での進行補佐、懇親会の手料理から最後の後片づけまで献身的に当たられたインドネシア留学生協会の皆さんや日本人学生・若手研究者の皆さんへも敬意と謝意を:Terima kasih!

貞好康志 (神戸大学)