【大会見聞記】「手探りの航海:カパル初のオンライン大会に発表者として参加して」中野真備(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・院生)

 二度の延期を経て開催された第2回研究大会は、暗闇のなか手探りの航海であったといえよう。台風の直撃、そして新型コロナウイルス感染症の世界的流行と、不運にも開催中止を余儀なくされ、2020年11月28、29日についに開催された第2回大会は、Zoomを用いたオンライン開催というKAPAL初の試みとなった。何よりもまず、直前まで開催方法について審議を重ね、可能な限り参加者の声を拾おうとアンケート等を実施し、準備に奔走してくださった大会運営委員の方々に、心より感謝を申し上げたい。

 新型コロナウイルス感染症の収束の目処が立たない今日、今後もなにかしらの形でオンラインの催しが検討される可能性は否定できない。そうでなくとも、オンライン開催という試みの記録という意味合いもこめて、本研究大会の発表者のひとりとしての感想をここに書き留めておきたい。

 冒頭で述べたように、本研究大会は大盛況のうちにおわったと思う。そのうえで、発表者の視点から気づいたことを挙げるとすれば、質疑応答の課題と、懇親会の日時設定の2点がある。

 本研究大会では、1つのセッションに最大3名の発表者が設定され、各発表30分、Zoomチャット機能を用いた質疑応答10分というプログラムが構成されている。発表中にも質問が書き込まれるということ、そしてチャットという特性上、残り時間や質疑の数を見計らって書き込むわけではない、という点が、対面開催とは異なる。そのため、1つの発表に対して多くの質問が書き込まれることがある。私の発表に対しても、多くの質問をいただいた。10分という制約のなか可能な限り回答したが、時間の都合上、2名の質問には答えることができなかった。

 問題は、その後である。司会から、残りの質問についてはそれぞれでやりとりをするよう案内があった後、ここではたと気づいた。対面開催であれば、セッション終了後に質問者のところへ行き、挨拶や名刺交換などしながら、お答えしたり、補足をおこなったりすることができる。ところがオンライン開催では、そのようなインフォーマルな場は生まれない。時間がきたらそこでセッションは終了で、参加者は次々にミーティングルームから退出していく。私の場合はセッションの最後の発表者だったので、チャットで返信することもできなかった。正確には、せめてチャットで返信しようとしたが、1名はすでに退出し、1名は、文章中に名前の記載があったものの、アカウント名は会場担当者だったために、セッション終了後もそのアカウント名を使用しているユーザーが質問者なのかわからなかった。また、前者は個人的に関係のある同世代だったので、すぐに別のS N Sを用いて連絡をすることができた。しかし、後者はこれまで話したことのない研究者だったために、直接連絡をすることもできなかった。結果として、ほとんど誰もいないミーティングルームのチャットに、後者宛の私の回答だけが残ってしまった。質疑応答が途中で終わってしまった発表後に、会場の人々が一斉に退出し、自分だけ教壇の前に取り残されているところを想像していただきたい。これはなかなかやりきれないものがあった。これまで連絡をとりあう関係ではなかった後者のような方にこそ、挨拶をし、回答をするなどやりとりをしたかったが、それが叶わなかったことは非常に残念であった。特に私のように大学院生の場合、連絡先がわからない研究者がほとんどで、気軽に連絡できるわけでもない。親しい研究者からは、大会終了後に個別にメールをいただくこともあり、これは大変ありがたいことであった。それでも、やはり質疑応答とその後のインフォーマルな対話については心残りである。

 そもそも、おそらく計算外であったのは、本研究大会の質疑応答が極めて活発におこなわれたことだろう。今年度はあちこちのオンライン研究会や学会に参加してみたが、時間内に収まるくらいの質問しか書き込まれなかった。本研究大会は、分野は様々でもインドネシアという地域が共通しているために、分野外の内容に関しても、自身の調査地域での情報を共有したり、そこから質問をしたりすることができる。対面だったら挙手をするほどでもないコメントも、チャットならば書いておこうという気軽さもある。ここに、ひとつの分野に多地域の専門家が集まるような他の学会とは異なり、活発になる要素があったのではないか。

 これらの経験とふりかえりを踏まえて、質疑応答の方法について、僭越ながら私の案を述べておきたい。それは、各セッションの終了後に10分程度、総合討論のような時間を設定するのはどうだろうか。発表者3名が回答しきれなかった部分を順に回答するのでもよいし、あるいはフロアからの再応答や、3名の発表を通しての議論を、発表者や司会者、フロアでおこなうのもよいだろう。少なくとも司会者、発表者はビデオをオンにしておくと、より議論しやすいかもしれない。しかし、全てのセッションにこのようなインターバル時間を設けた場合、1日あたりの開催時間は非常に長いものとなる。もとより、長時間オンライン会議をおこなうことの精神的・身体的ストレスは、たびたび指摘されてきたものである。特に聴衆にとっては、発表に集中力を割いたあとに、さらにこのインターバル時間に積極的に参加することは負担になり得るだろう。参加者全体の状況を考慮すれば、必ずしも充実した時間とはならないかもしれない。これについては、あくまで発表者の立場からの一意見として検討いただければ幸いである。

 もうひとつの気づきは、懇親会の日時設定についてである。本研究大会では、1日目におこなわれたライトニング・トークの登壇者を囲んで交流をするという目的もあったためか、1日目のライトニング・トーク後に懇親会がおこなわれた。ブレイキング・ルーム機能を利用して部屋を分割し、前半は特に登壇者を囲み、後半は自由な会話がおこなわれた。私の参加したルームでは、教員3名程度と、大学院生や若手研究者が5名程度といった構成である。研究内容についての会話は、やはり1日目に発表した参加者に対しておこなわれる。私を含む2名の院生は翌日が発表予定だったので、激励の言葉をいただくことはあっても、内容について会話をすることはなかった。懇親会の日時については、それ自体が初めての試みであるライトニング・トーク企画との兼ね合いなど様々な意図により設定されたのだと思う。実際に、ライトニング・トークの後に懇親会がおこなわれたことで、若手の院生たちが話題の中心となり、他の研究者と積極的に交流することができた。しかし、2日目の発表者としての欲をいえば—また質疑応答が消化不良だったという2日目の所感もあってか—やはり最終日に懇親会があってもよかったのでは、と思う。ただしこの場合、おそらく会話の中心となるのは自由研究などをおこなった発表者のうち、聴衆の印象に残った人や、もともと交流のある人となるだろう。それはそれで、若手の院生が気軽にアピールする場としては、その効果を発揮しきれない。第1回の研究大会とは異なり、今大会は2日間に渡るプログラムであったことも、懇親会の設定をかんがえると悩ましいところである。しかしこれもまた、多くの研究発表を設けたい、1日に長時間オンライン参加しないように考慮したいとなると、2日間にせざるを得ない。あちらをとればこちらが欠ける、といったような具合で、懇親会の日程設定については考えがつきない。これについては、各企画の参加者だけでなく、聴衆として参加した方々からの意見も取り入れつつ、検討する必要があるだろう。

欲をいえばキリがないことで、参加者(発表者)としての一方的なことばかり述べてしまった。手探りのなかおこなわれた開催であったこと、準備に奔走し、可能な限り参加者の声を拾おうと工夫をこらしてくださったことは、じゅうぶんに理解しているつもりである。ここで書き留めたことは、あくまでひとりの参加者としての意見ということをご了承いただきたい。

 来年、いったい世の中がどうなっているのか見当もつかない以上、見晴らしのよい航海とはならないだろう。しかし、今大会についていえば、このような未曾有の事態のなかで、2日間にわたる研究大会を無事に終えられた意味はとても大きい。手探りの航海をするうちに、今やカパルは新しい海域に入っているのかもしれない。

中野真備(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・院生)

【大会見聞記】「Kapalという結び目の面白さ」加藤久美子(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・院生)

 オンライン開催されたKapal第二回研究大会では、計12セッションが設けられていた。開催両日の午前中及び、二日目の最終パートではそれぞれ三つの会場が設けられ同時並行的に運営された。今回、私は自身の研究テーマと深く関係する二日目の「海の世界の生業と知識の所在」に参加した。自身は、東南アジアに居住する海民サマ(バジョ/バジャウという他称でも知られる集団)とスラウェシ周辺の民族関係に着目した研究を行っている。

 このセッションでは、海の生業と知識というタイトルに相応しく、インドネシア海域における人びとの生業とそれにまつわる知識に関する三つの発表が行われた。明星つきこ(金沢大学)は、南スラウェシ州タナベルにおける木造船の造船所に着目し、伝統的な木造帆船の造船手順のみならず、観光船の受注・造船量が著しく増加しているという近年の受注動向を踏まえた報告を行った。間瀬朋子(南山大学)は、ロテ島周辺の漁村において見られる漁撈活動の変容をオーストラリア領海との境界での規制強化の流れと関連付けて考察した。間瀬は、個々の船員の経済的な背景(個人所有の船か、雇われの乗組員かによって船舶没収によって受ける経済的な損失が異なるという側面)だけでなく、経験知としてたとえ拿捕されたとしても非人道的な扱いを受けないと知っていることもまた、彼らの違法行為への関与を助長している可能性を指摘した。中野真備(京都大学)による中スラウェシのバンガイ諸島に居住するサマの漁撈活動に纏わる環境認識に着目した発表を行った。ここでは、航海技術に見られる自然環境への命名から空間・環境認識を探るという視点での分析が試みられた。

 以上がKapal第二回研究大会セッションB2にて行われた研究発表の概要である。それぞれが各地域の海に関わる生業とそれにかかわる知識・技術に着目しつつ、近年における変容が描写されその動態と併せた分析が行われることにより、同時代史的な視点を反映させた考察が示された。質疑応答において、カリマンタンにおける造船所に移民が多いことや、今後同地域において扱われる商品が輸出禁止になる可能性があること、それにまつわる価格変動を注視する必要性、サマ語による語彙分類の例など専門的で詳細なコメント及び質問が寄せられた。さらにチャット欄でも双方向的なやり取りが発生し、報告者が返答しきれなかった質問やコメントに対して、聴衆より返答が寄せられるなど、議論の活発さが見られ、参加者にとっても大変有意義な情報の行き交う空間が生成されていた。このような活発な質疑応答、精到な議論が行われたことは、インドネシア研究懇話会ならではの現象であったように思う。さらに、チャット上のやり取りの中では、研究報告にも登場しない地名が多数見られ、海のネットワークの広大さを改めて実感させられた。報告者・参加者それぞれの研究地域が次々と結びついていくようなやり取りは、さながら海のコミュニティ形成動態を想起させるようであり、非常に印象的であった。

 今回は自身の時間の都合上、二日目のみの参加となったが、次回はぜひ大会両日とも参加したい。オンライン開催という初めての試みに関しても、その利点欠点が感じられた。例えば、応えきれなかった質疑応答に関して、「のちほど」と指示されても結局オンライン上にそうした議論を継続させる余白が存在しなかったことが挙げられる。同様に、通常であれば休憩時間や会場移動の合間に挨拶をかわし、連絡先等の交換を行う場が偶発的に発生するが、オンライン上でそのような交流が偶発的に生み出されることは少ない。もし今後オンライン開催を継続するならば、非公式な交流が発生する余地のある時間・空間を運営側で意図的に設定していただければと思う。

 オンライン開催の利点としては、より多様な参加者を集めることが期待できる点、その経済的、身体的、地理的な格差による困難を軽減できるという点が主に挙げられる。そのため、個人的には今後もぜひオンライン配信を並行して行っていただきたい。そして、研究大会やKapalという組織が、より広範な研究者ネットワークの結び目となっていくような展開を期待する。

 最後に、研究大会の開催を支えた委員会の皆様、支援に関わった皆様、発表者・参加者を含め、大変貴重な交流・議論の場を創り出してくれた皆様に感謝の意を表したい。ありがとうございました。Terima kasih!

加藤久美子(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・院生)