【ライトニングトーク体験記】「発表準備と研究の見つめなおし」織田悠雅(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・院生)

発表概要  私は、第4回研究大会のライトニングトークにて、「インドネシア・中部ジャワのカトリック教会について:宗教間関係を視野に入れて」というテーマで、自身の修士論文の研究関心やフィールドの概況、研究計画について発表しました。私はこの研究を通じて、現代におけるカトリックへの改宗の過程を人類学的に検討し、インドネシア・ジャワの社会において「カトリックである」ということの意味を、さらには「宗教を信じる

Read more ...

【ライトニングトーク体験記】「最初のステップとなる貴重な経験」前田彩希(神戸大学大学院国際文化学研究科・院生)

参加の経緯  今回私は、修士論文のためにこれから研究していきたい内容を提示するという目的でライトニングトークに参加しました。私は主にジャワにおいて見られる、占いに関する知識が収められたprimbonという書物に関心を持っています。しかし、現時点では手元に資料が少なく、現地での調査もまだ行えていないため、この対象を研究テーマにしていく上で様々な視点からアドバイスをいただきたいと考えていました。  カ

Read more ...

【大会見聞録】「裏方の大会準備・見聞記」中谷文美(岡山大学文明動態学研究所)

 カパルの運営委員になって2年目。昨年は研究大会プログラム担当の一員として、ただ目の前の業務をこなすので精一杯だったが、そのとき担当した弾丸プレゼン(現・ライトニングトーク)は、若い発表者たちの熱意にふれることができる機会となった。  今回は、プログラム担当の責任者として全体の進捗を管理する役目を担うことになり、スケジュールにしたがって関係各方面との調整を行った。もっとも心配だったのは、発表がどの

Read more ...